[ビットコイン相場] ビットコインって何? 仮想通貨とは? CoinMarketCapの情報量(暗号通貨/仮想通貨系の1等百科事典レベル)

80 / 100

[ビットコイン相場] ビットコインって何?

決まりきった素材だが, 私も知って, 知らない人も分かるように書いて見る.

ビットコインというものの価格騰落のニュースは数多くの媒体で配信したことがあるが、その騰落についてのデータを探したことがほとんどなかった。

暗号通貨という特殊性と、暗号通貨が与える危険性を少しでも持ち込んできたので特別な関心を持たず、ただマスコミからいくらだ、いくらだという知らせが聞こえてくるたびに巨額に対する情報だけを知っていただけだ。

例)三千万ウォン突破、五千万ウォン突破、七千万ウォン突破、大暴落四千万ウォン、五千万ウォン崩壊などの金額だ。

あちこちサイトを見て回って見たが, 下のように詳細に説明した所が見られなかったようだ.

1. CoinMarketCap – 仮想通貨分野の百科事典のようなサイト

1)暗号通貨の透明性、情報公開性、効率改善、拡張性のため。

CoinMarketCapは、急速に成長していく仮想通貨空間において仮想通貨について最も多く参照するウェブサイトです。 このサイトの使命は、片方に偏らない高品質な正確な情報を消費者に提供し、情報に基づいた結論を導き出すことで、世界的に仮想通貨が発見され効率的になるようにするものです。

本サイトを見てみて感じたのは、情報の量がとてつもないことである。

ビットコインの発行過程、歴史、出来高、価格の変化など、様々な情報がある。

もハングルで書かれている。

ビットコインと仮想通貨に関心があるなら、CoinMarketCapに行って様々な情報を毎日目にすることをおすすめする。

すべての人が言うには、投資は本人の責任であり、誰も関与しない。

- Advertisement -

は、言葉は仮想通貨市場(ビットコイン相場市場)でも通じる。

あのサイトの情報量は、国内の他のどのビットコイン関連取引所よりも多い。

もちろん関連リンク先を探してみると外国語で書かれているページがかなり多いが、それに興味があるなら翻訳機を使ってでも情報を探せるのではないか。

たった一度でも、あのサイトを訪れ、華やかに回る数字とチャート、暗号通貨とビットコインについて説明した内容を見れば、この版、この市場の流れが少しでも分かるのではないかという気がする。

もちろん仮想通貨が正常に流通する市場のその貨幣とは違うだろうが、世の中の回っている情報と大勢に便乗できなかったり、情報が溢れる世の中で一抹の情報を逃せば時代遅れになってしまうのは自明だ。

そのため、訪問して見てみることをお勧めする。

2)ビットコイン相場-はもちろん、ビットコイン(暗号通貨)に関連する様々なリンクと情報‼これは仮想通貨百科事典レベル‼

ビットコイン(暗号通貨)に関連する複数のサイトのアドレスを確保できる。

ビットコイン(暗号通貨)に関する多くの情報の元の出所を見つけることができる。

ビットコイン(暗号通貨)に関わる多くの人のコラムを見ることができる。

ビットコイン(暗号通貨)のライブ価格データが見られる。

ビットコイン(暗号通貨)のリアルタイム価格データ、仮想通貨の説明、誕生背景、設立者、特別な点、総流通量、ウォレットの使用方法、住所生成方法、取引方法、送り方、採掘に関する事項等

初期画面の仮想通貨それぞれの仮想通貨価格情報を押すと、その仮想通貨誕生の背景からそれぞれの仮想通貨についての情報がずっと出てくる。 百科事典を彷彿させる.

3)他の仮想通貨価格情報、他の仮想通貨情報、法定通貨として使用する国の一覧

ビットコイン相場/ 暗号通貨の順位/ 最近追加された貨幣/ 価格予測/ 法定貨幣国家

全世界チャート情報 / 法定貨幣 / 会社順位などと

国別の総流通供給量及び時価総額

->これがちょっと独特な情報だが、各国の法定通貨と仮想通貨を計算比較しておいた数値も見られる。

->有名上位企業の価値をビットコインの価値と比較した資料も見られる。

スポットライト

<傾向、大幅下落した銘柄、新規銘柄、大幅上昇した銘柄、最も訪問した銘柄など、市場で注目すべき情報を要約して示す。

過去のスナップショット

過去の仮想通貨市場はどうだったのか、出来高と流通量はどれくらいだったのか、一日の騰落はどうだったのか、週単位で見ることができる。

(いや… これは···。 これを作った人、何をする人なのか。)

4)取引所リスト [ビットコイン(仮想通貨)] – 仮想通貨サイトでは最後まで続く…

取引所とは、Bithumb、コインワン等の取引所をいう。 世界の主要取引所の一覧を示し、各貨幣別の相場を比較できる。

*ビットコイン相場を含めて表示するリスト。

取引所の名前、取引点数、取引量(24時間)、流動性、週別訪問、マーケット、コイン、支援貨幣、取引量グラフ、リンクなどだ。

順序は取引点数を基準に羅列される。

世の中の取引所(ビットコイン相場はもちろん)はすべて出てくるように…(個人的に投資するなら、あそこに登録されている取引所以外の新取引所とは取引をしないことを勧める。 – 「食い逃げとセキュリティ問題」のため)

*情報はこのサイトで探し、取引される国内の合法取引所を探し、取引通帳を開設して現物貨幣で仮想通貨を買うことだ。 (おかしな取引所に行ってはいけない。)

5)NFT関連内容 – 代替不可能なトークン(Non-Fungible Token, NFT)は、ブロックチェーンに保存されたデータ単位で、固有かつ相互交換できないトークンを意味する。

NFTは写真、ビデオ、オーディオ、その他のタイプのデジタルファイルを表示するのに使用できる。

デジタルファイルに対する所有権を明確にすることで(デジタルアート、コレクション、ゲーム内財、音楽、フィルム、スポーツ)等の領域で適用され急成長している。

代替不可能であるため、写しは認められない。

このようなデジタル項目のコピーは誰でも取得できるが、NFT はブロックチェーンから追跡され、所有者に著作権と所有権の証明をしなければならない。

デジタルアート関連市場で購入/販売した際に所有権(コピーのため)に関する事項をやむを得ず生じたものと考えられる。

がNFTに関する情報を示してくれる。

6)ポートフォリオ追跡機

闇通貨の相場/利益/損失-ポートフォリオ登録など個人化して情報を示すのに、会員登録が必要である。

7)関心リスト – 会員登録後追跡。

8) スワップ/計算機(仮想通貨両替計算機)/モバイルアプリ

ビットコイン相場計算機、モバイルアプリ、ブロックチェーンエクスプローラ、雇用の公告、暗号通貨API、サイトウィジェットなどを提供する。

9)暗号通貨/ビットコイン関連講義

アレクサンドリア / ビデオ / 得る / 学ぶ / マーケットアップデート / ニュースレター

- Advertisement -

暗号通貨に関する知識とインサイト、情報を得るのに十分だと思う。

[ビットコイン相場] ビットコインとは何か? 仮想通貨は?CoinMarketCapの情報量(暗号通貨/仮想通貨系の1等百科事典レベル)、勉強から…」class=
[ビットコイン相場]ビットコインとは何か? 仮想通貨とは?CoinMarketCapの情報量(暗号通貨/仮想通貨系の1等百科事典レベル)
ビットコイン投資前の勉強から…しよう…

2. 終わり

お金のカテゴリーに、ビットコイン、ビットコイン相場に関する書き込みがないことが気になり、

思っていたところ、検索して、このサイトを見つけて、これは何か、

世間知らずの情報が全部あった。

もともとは短く紹介だけしようとしたものだったが、これは何??

櫛島、コインワンなど、国内取引サイトにはない多様な情報があり、

取引所の特性上、制限的な情報のみを収めており、暗号通貨に対する展望、可能性、市場性など情報を得ることができないという短所があったが、あのサイトはそれを「一発」で解決してくれる。

ビットコイン相場と仮想通貨について関心があれば、一度は訪問して

ただし、「一週間」程度は該当サイトで生活しながら「勉強」をしてみてから投資するのが望ましい。

情報力が落ち、他人の後を追って投資して「私の責任ではないか」と、血のようなお金を無駄にすることは減らさなければならないのではないか。

紹介文が長すぎた。 サイトのアドレスはどこ? -|- この下。 ブルーリンク

비트코인 (BTC) 가격, 차트, 시가총액 | 코인마켓캡 (coinmarketcap.com)

https://coinmarketcap.com/ko/currencies/bitcoin/


■ 総合情報ブログ – ミンインター (私の人生そして私たちの子犬タンビ) 副題: 会社員! 日常を抱く!

Hits: 0

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Related Articles

Useful Ads for you

Most Tags in the Posts

Latest Articles

Translate but not Perfect »

우리강아지단비